• 卸売業(農業生産資材販売)

株式会社サングリン太陽園

〒003-0030 北海道札幌市白石区流通センター6丁目1-18

創業から105年、北海道の広大な生産現場を支え続けています。新しい時代の北海道農業の発展を目指しています。

  • 農業に必要な幅広い商品を供給
  • 生産現場との距離の近さが魅力
  • スマート農業の普及活動を推進
  • 「地域未来牽引企業」に認定
  • アットホームで和やかな社風

会社紹介Company Introduction

幅広い商品とサービスで、全道各地の生産現場を支えます

サングリン太陽園が1917年の創業以来大切にしている事業は、農薬や肥料などの農業に欠かせない商品の販売です。生産者の方のよき相談相手として、課題に応じて最適な商品・サービスを提案し、生産現場をサポートし続けています。取扱商品は多岐にわたるため、農業のあらゆるステージにおいて生産者の方とともに課題解決に取り組んでいます。
近年は、環境負荷を低減する商材を取り入れるなど、SDGsの達成に貢献する取り組みを行っています。

スマート農業技術の普及に積極的

近年はドローンやセンサー等を活用したスマート農業の普及活動にも積極的に取り組んでいます。ドローンのデモフライトや新技術の実証活動を全道各地で実施し、スマート農業技術の現場実装を推進しています。
また、任意団体「スマート農業共同体(SAc)」を立ち上げ、「農業」をキーワードに生産者・消費者・企業などがつながる団体の事務局を務めています。

会社データCompany Profile

事業内容 ○農薬や肥料など、農業を営む上で欠かせない各種資材の販売
○無人ヘリコプターやドローンの販売、操縦資格の教習、コントラクター
○スマート農業技術の実証と普及活動
○農産物販売
設立 1967年
代表取締役社長 北濱 宏一
資本金 8,000万円 (2021年)
売上高 780,000万円 (2021年)
従業員数 133人(2021年)
事業所 札幌、函館、旭川、帯広、倶知安、滝川、中標津、北見
子会社・関連会社 北日本スカイテック(株)
沿革 1917年(大正6年)
北濱薬房として小樽市で営業を開始

1930年
商号を「太陽園」と改称

1967年
太陽園農材(株)を設立(資本金500万)

1988年
産業用無人ヘリコプターの導入を決定し、道内各地でデモフライトを実施

1991年
社名を「サングリン太陽園」と改称

2006年
資本金を8,000万円に増資

2015年
中小企業庁より、がんばる中小企業・小規模事業者300社に選定される

2016年
創業100年を迎える

2018年
任意団体【スマート農業共同体(SAc)】を立ち上げる
約80の企業・団体、1200名以上の生産者の方にご参画いただく

2020年
経済産業省より、地域未来牽引企業に選定される

2021年
北海道で唯一のDPA認定ドローンスクール「スカイテックドローンアカデミー北海道校」を開校
リンク サングリン太陽園ホームページ https://sun-green.co.jp/
サングリン太陽園が事務局を務めるスマート農業共同体ホームページ「SAc WEB」 https://hsac.jp/
連絡先・お問い合わせ先 〒003-0030 北海道札幌市白石区流通センター6丁目1-18
採用担当 / 山口・齊藤
TEL/011-892-6281
E-mail/saiyou2023@sun-green.co.jp